忍者ブログ
雨がいろいろ書くよ。
<-  35  34  33  31  30  29  28  27  26  25  24  ->
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

書いてる途中に、歌留多が元禄時代に今の遊びかたになったと知ったので現代パラレルです。
ちなみに最後の二人は秀長と蜂須賀小六です。
タイトルの元ネタは「世界の孫」です。



「あけましておめでとうー、という訳で今日は半兵衛特製歌留多で遊ぶよー」
「・・・・・・お前、そんな暇あったんだな」
「ふふふ、夜も寝ずに昼寝して作ったんだよ」
「そしてその時膝枕を提供していたのがおれです」
「官兵衛、お前は今年こそ、こいつにいいように利用されてることに気付け」
「何を言うんですか秀吉殿。半兵衛殿の穢れのない瞳を見てくださいよ。人を利用しようとしてるだなんて、考える方がお馬鹿ですよ」
「お前、遠回りするどころか近道して俺を罵ってるな?」
「じゃあ並べるねー」

(しばしの沈黙)

「おい半兵衛」
「なーに?」
「これは何だ? このぐるぐるもやもやした絵は」
「想像力を掻き立てる子どもらしい無邪気さに溢れた絵だよー」
「想像力より推理力が必要みてーだなあ。なんだこの黒い綿ボコリ。首つってらーアハハー」
「秀吉殿、これの何処がもやもやした絵なんですか。色使いがはっきりしてるし、基本丸三角四角の簡素な絵だから歌留多には持って来いですよ。実に分かりやすい。公明正大明朗快活」
「半兵衛・・・・・・官兵衛に何か変な術かけたろ・・・・・・お前ならやりかねん」
「やだなー、私はいい子だからそんな事しないよー」
「三十路前の妻子持ちの男がいい子だから~とか言うか!! 言うのか!?」
「じゃあさっそく始めるよー、犬も歩けば棒に当たる~」
「はい。」
「さっきの黒い綿ボコリは犬か。そして縄が棒なのか」
「ふふふ、そんなんじゃ保育士さんにはなれませんよ秀吉殿」
「なるつもりはないんだがなあ。てか保育士への登竜門が半兵衛って、それはもうほぼ絶望的だよなあ」
「次行くよー。花より団子」
「はい。」
「すげーなあー。虹の色の団子なぞ初めて見たぞ。かもされてるなこりゃ」
「官兵衛大好きー」
「はい。」
「ほー、この紫色のクマが官兵衛かー。まあ間違ってないことも無いなー」
「犬だよう」


「半兵衛殿に官兵衛殿、それに兄上も、今日は随分と生き生きしていますねえ」
「はっはっは、今年も退屈することはなさそうだな」
「ええ、楽しい年になりそうです」

PR
この記事にコメントする
SUBJECT NAME
URL MAIL
PASSWORD COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PREV  HOME  NEXT
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Blogpet
最新コメント
最新トラックバック
(01/18)
(08/30)
プロフィール
HN:
雨更紗
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
Powered by 忍者ブログ & [PR]