忍者ブログ
雨がいろいろ書くよ。
<-  38  37  36  35  34  33  31  30  29  28  27  ->
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どちらかと言えば炎⇔キース?

 


『いつか消えると分かっているからこそ、まぼろしはいとおしい』

 

目を閉じていればまぼろしはいつでも見られるから、自分の存在も、まぼろしのようなものだと思っていた。

――まぼろしはいつか消えてしまう事を知っているのに、彼は自分を守ると誓った。

いつか消えてしまうからこそ尊いのだという彼の言葉が、重たかった。


彼は、自分が死んだ後も生き続ける。
自分の痕跡が消えた後も生き続ける。
おもかげだけを心に残して生きる。


自分が消えた、世界で。


叶うならば、同じ時に同じ場所で、彼と生きていたい。
それが許されないのならば、くちづけを残したい。
おもかげとともに残される、くちづけを。


彼の頬に落ちたしずくが、自分のものなのだと気付くのに、そう時間はかからなかった。

PR
この記事にコメントする
SUBJECT NAME
URL MAIL
PASSWORD COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PREV  HOME  NEXT
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Blogpet
最新コメント
最新トラックバック
(01/18)
(08/30)
プロフィール
HN:
雨更紗
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
Powered by 忍者ブログ & [PR]